【ソロ活女子のススメ】ドラマの主人公が訪れたおひとりさまにおすすめのスポット

【ソロ活女子のススメ】ドラマの主人公が訪れたおひとりさまにおすすめのスポット テレビ番組まとめ
この記事は約13分で読めます。

2021年4月2日よりテレビ東京で放送されているドラマ25「ソロ活女子のススメ」( 毎週金曜深夜0時52分~)

主演は民放ドラマ初主演となる江口のりこさん。ここ数年、出演作が続きノりにのってましたが遂に主演!

そんな江口さんが演じるのが、契約社員の早乙女恵、年齢40歳。

ドラマでは、早乙女恵がソロ活を思う存分楽しむ様子が描かれています。

スポンサーリンク
  1. 「ソロ活女子のススメ」の原作は?
  2. 第一話のソロ活動は焼肉&ドレスアップ・リムジン
    1. ひとり焼肉の楽しみ方
    2. ひとりドレスアップの楽しみ方
    3. ひとりリムジンの楽しみ方
  3. 第2話目で楽しんだソロ活動は動物園&水族館
    1. ソロ動物園の楽しみ方
    2. ソロ水族館の楽しみ方
  4. 第3話で楽しんだのはソロプラネタリウムとソロラブホ
    1. ソロプラネタリウムの楽しみ方
    2. ソロラブホの楽しみ方
    3. 3話目で主人公が気づいたソロ活の真髄
  5. 【第五話】フレンチフルコースディナーで「味わう」ことを知る
    1. ソロだからこそ料理と向き合える
    2. フレンチはなぜおひとりさまの予約をとらないの?
    3. 利用したのはトゥールダルジャン 東京
  6. 【第6話】ソロ気球『ソロ気球で風になる?』
    1. 宿泊施設で一泊
    2. 翌朝、早朝から気球へ
    3. 今回のソロ気球の楽しみ方
    4. 利用したのは『SOLA BASE』
  7. 第7話ソロ活「ソロせんべろで自分の成長を知る」
    1. ソロせんべろの楽しみ方
    2. ソロせんべろに利用したお店
  8. 第8話「遊園地で好き嫌いを知る」
    1. ソロ遊園地の楽しみ方
    2. ソロ遊園地を楽しんだのは富士急ハイランド
  9. 第9話「ソロ寿司は自由の象徴である」
    1. ソロ寿司の楽しみ方
    2. ソロボウリングの楽しみ方
    3. ソロ寿司を楽しんだのはすし処福さき
    4. ソロボウリングを楽しんだのはIMON 蒲田イモンボール
  10. 第10話「ソロ暗闇サイクルはソロ活のためにあり」
    1. ソロ暗闇サイクルの楽しみ方
    2. ソロ暗闇サイクルを楽しんだのはFEELCYCLE
  11. 第10話2回戦「ソロボルダリングで仲間を知る」
    1. ソロボルダリングの楽しみ方
    2. ソロボルダリングを楽しんだのは壁家

「ソロ活女子のススメ」の原作は?

[itemlink post_id=”1671″]

原作は朝井 麻由美さんの『ソロ活女子のススメ』 。

ラーメン、焼肉、ディズニー、ナイトプール、ラブホ……などなど初心者から上級者まで楽しめるソロ活30選も掲載されています。

このページでは、ドラマの中で主人公が楽しんだソロ活と、それぞれの楽しみ方をまとめてみました。

実在するサービスが登場していますので、お近くの方なら主人公と同じソロ活が楽しめる仕様になっています。

第一話のソロ活動は焼肉&ドレスアップ・リムジン

第一話で楽しんだソロ活は、ひとり焼肉とひとりドレスアップ&リムジンでした。

ひとり焼肉の楽しみ方

【ソロ活女子のススメ】ドラマの主人公が訪れたおひとりさまにおすすめのスポット
食べたいものを食べたいように食べる

まず楽しんだのが、ひとり焼肉。

「混んでいる時でなければ特にお店の人もいやがらない」といった旨のセリフが印象的。

焼肉屋さんもソロ用の席を多く作ってほしいですよね、ウイルス禍でもありますし。

『とりあえずタン』といった呪縛から逃れ、自分ならではのメニューで焼肉を楽しみましょう。

ひとりドレスアップの楽しみ方

【ソロ活女子のススメ】ドラマの主人公が訪れたおひとりさまにおすすめのスポット
自分のために綺麗に装う

主人公がドレスアップするのに利用したのはDRERICH(ドレリッチ)。

DRERICH(ドレリッチ)はプロスタイリストが利用者一人一人に合わせ10,000点のアイテムよりトータルコーディネートしてくれるサービス。国内最大規模の完全予約制レンタルドレスサロン。

DRERICHではコーディネートに必要なすべてが揃います。(※サイズのお直しは対応可能なドレスに限り無料)

費用に関しては、例えば『ゲスト・パーティドレス+小物+コーディネート』であれば¥13,200~(2泊3日)レンタルできるそうです。

≫DRERICH公式HPはコチラ

ひとりリムジンの楽しみ方

【ソロ活女子のススメ】ドラマの主人公が訪れたおひとりさまにおすすめのスポット
贅沢な空間や景色を独り占め

主人公が利用したのが 『STAR LIMOUSINE(スターリムジン)』。

複数でパーティーなどの利用とはまた違い、1人で贅沢な時間を独り占め、東京の美しい夜景などもじっくりと楽しむことができます。ドラマの中では運転手さんとの交流も温かく描かれていました。

ドラマ内で使用されたリムジンの費用は公式HPによると以下の通り。

  • HUMMER H2 140inch Stretch(White)
  • 2時間 47,300円(税込)8名まで乗車可能
  • 2時間以上の利用でスパークリングワイン(フルボトル)1本プレゼント

他にも色々な車種やプランがあるようなので気になる方はチェックしてみてください。

≫STAR LIMOUSINE(スターリムジン)公式HPはコチラ

第2話目で楽しんだソロ活動は動物園&水族館

2話目で主人公の恵が楽しんだソロ活は、動物園と水族館の2つ。

それぞれソロ活にふさわしい楽しみ方があるようで、、。

ソロ動物園の楽しみ方

【ソロ活女子のススメ】ドラマの主人公が訪れたおひとりさまにおすすめのスポット
推しの動物に一点集中

訪れたのは、宇都宮動物園。動物との距離が近い動物園です。

動物園ではつい順路に従ってみてしまいがちですが、ソロ活では順路に従う必要はありません。

  • 動物園は一点集中
  • 動物園にチェックポイントはない
  • 自分が好きな動物を心ゆくまで見る
  • 飼育員さんの熱い説明を何も知らない体で聞く
  • ZOOグルメを楽しむ

主人公は、ゴールデンイーグルス、絶滅危惧種の日本イーグルに一点集中。そのイヌワシをみるために各地の動物園に通っています。

また、その場で観る以外にも写真におさめることにも集中。決して、誰に見せるとかSNSにあげるとかそんなことが目的ではなく、ただただ自分の満足のためだけに撮影に集中します。

翼を広げ飛ぶ瞬間を写真におさめることができた時に、喜びを感じるわけです。

主人公が訪れた宇都宮動物園の公式HPは≫コチラ

ソロ水族館の楽しみ方

【ソロ活女子のススメ】ドラマの主人公が訪れたおひとりさまにおすすめのスポット
幻想的な空間をじっくり楽しむ

ソロ活を楽しんだのは、マクセルアクアパーク品川。都会の水族館は夜遅くまでやっているので、夜ならではの雰囲気を楽しめるのが◎

  • ビールを飲みながらイルミネーションの中を散歩するような感じで楽しむ
  • ただただ幻想的な雰囲気を楽しむ

魚やイルカショーを追うのではなく、好きなビールを片手にただゆったりと幻想的な空間を心ゆくまで楽しむ。1人ではないとなかなか楽しめない贅沢な時間の使い方です。

主人公が訪れたマクセルアクアパーク品川の公式HPは≫コチラ

はなっこ

はなっこ

サイト動物園と水族館は超ソロ活向きだそうですよ

第3話で楽しんだのはソロプラネタリウムとソロラブホ

第3話で楽しんだのは、ソロプラネタリウムとソロラブホ。どちらもおひとりさまにはハードルが高そうですが、、、果敢に乗り込んだ主人公は、そこで『ソロ活の神髄』であるとても大事なことに気づくことができました。

ソロプラネタリウムの楽しみ方

【ソロ活女子のススメ】ドラマの主人公が訪れたおひとりさまにおすすめのスポット
熟睡するも良し、堪能するのも良し

早乙女恵が訪れたのは、有楽町にあるPLANETARIA(プラネタリア)TOKYO。

プラネタリア TOKYOは、テーマの異なるふたつのドームシアターと、VRアトラクションが体験できる映像の総合エンタテインメント空間。

併設されたカフェではカクテルや惑星の欠片のようなフィンガーフードが揃っているそうです。

  • 特別シートで思いきりくつろぐ
  • 熟睡するほどリラックスするのも◎

ちなみに1度目は特別シートでほとんど熟睡してしまった主人公は、続けて2回目のチケットを購入し、2回続けてプラネタリウムを楽しんでいました。

ソロ活だからこそ、行動を自由に決められるのがいいですよね。

≫プラネタリア TOKYO公式HPはコチラ

ソロラブホの楽しみ方

【ソロ活女子のススメ】ドラマの主人公が訪れたおひとりさまにおすすめのスポット
大きいお風呂だって独り占め

主人公がプラネタリウムの次に楽しんだのがソロラブホ。舞台は、ホテルバリアンリゾートでした。

日本で1番最初にホテル女子会を始めたホテルで過去10年で累計30万人以上の女性たちが訪れたそうです。

女性1人の利用、女性1人の宿泊ももちろんウエルカム。

  • 休憩3時間で1万円弱ロイヤルタイプを選ぶ
  • スペシャルクーポンを忘れずに使う
  • アメニティのバイキングを楽しむ

3時間で1万円は「高い!」とおもいますが、せっかくの非日常空間。ここは思い切って楽しんじゃいましょう。

≫バリアンリゾート公式HPはコチラ

3話目で主人公が気づいたソロ活の真髄

一人でカップルがたくさんいるようなところに行くのは恥ずかしいと以前は感じていた自分。でも、その行きづらい気持ちや恥ずかしい気持ちは、自分が勝手に想像している他人のリアクションによるもの。

客が女性一人であろうと客は客として平等に扱われ、他の客は私に特別な関心を持たない。自分の生き方を狭め自由を制限しているのは他人ではない、他人のせいにしている自分自身だ。

自分の心の中に作っていた自分の壁を越える!

【第五話】フレンチフルコースディナーで「味わう」ことを知る

ソロ活女子のススメ

第五話で早乙女恵は、『2名様より承りますの壁』を乗り越え初のフランス料理フルコースディナーを楽しむことに。フレンチのお店は1人の予約を受けることが少ないそうですが、職場の上司に教えてもらったお店で予約を取ることができました。

ソロだからこそ料理と向き合える

「本当に味わうということは味覚以外をシャットダウンすることなのかも」と主人公は気づくことができました。ソロ活でしかできない料理の楽しみ方、誰にも美味しいアピールをする必要はありません。

また、料理に添えてある謎のハーブも、実は飾りや添え物ではなく、その料理の味付けの一つとして意味があることも教えてもらいました。

すべてはハーモニー、楽しみ方を知ることでフレンチの本当の美味しさを改めて知った主人公。

スイーツもコーヒーなどと一緒に食べるのではなく、デザートはデザートだけで食べると味の深みが分かる、といった気づきもありました。

ソロ活は料理に集中するので味覚が敏感になるので、フレンチに関わらずその料理の本当の美味しさを感じることができるようになるようです。

フレンチはなぜおひとりさまの予約をとらないの?

これはあくまでドラマの中で言われていたことですが、『元々フルコースの料理は貴族が自分の財力を見せつけるため、つまり人に見せるためのものとして始まった。だからその名残でお一人様をお断りするお店が多いのだと思います。』とのことでした。

効率という点では、料理もある程度まとまった量の方ががいいかもしれないが、1人の量を作るのが損か?といえばそんなことはない、とも言われていました。

ソロフレンチをしてみたい人には安心できるお話ですよね。

利用したのはトゥールダルジャン 東京

今回、主人公が楽しんだのはトゥールダルジャン 東京。

パリ本店は400年の歴史を誇るという格式ある老舗フレンチレストラン。世界の唯一の支店としてホテルニューオータニに誕生してから30年以上経っているそうです。

≫トゥールダルジャン 東京公式HPはコチラ

【第6話】ソロ気球『ソロ気球で風になる?』

第六話で主人公早乙女恵がソロ活に選んだのは「ソロ気球」。インターネットから予約をし、予約当日電車で都心から1時間、駅から車で15分くらいの現場へ向かいました。

宿泊施設で一泊

空き家をリノベーションした施設で一泊。その日は他の利用者もなく貸切状態。

施設で行われている近所の人との BBQ大会に「人嫌いでなければどうぞ」と施設の方に誘われます。

早乙女恵は、決して人嫌いではなくただ楽しいからソロ活をやっているタイプ。BBQの誘いも快くうけ楽しく参加していました。

もちろん、1人になりたくて気球に乗りにくる人もいるそうなので、迷惑なら遠慮なく断ってOK。

翌朝、早朝から気球へ

午前4時からの準備。気球を飛ばすためには、細かな風のチェックなど、入念な準備が必要であることを体験を通じて知ることができます。

今回のソロ気球の楽しみ方

  • 嫌でなければBBQの誘いにも乗ってみる
  • 人と話す機会が増えると知らないことを知る機会も増える
  • 鳥のさえずりを聞きながら空を飛ぶ
  • 気球に乗って風になる

色々、気球について学ぶことが多かったものの、大事なのはただ「風になる」こと。

『人生が変わるとまではいかないが空を飛ぶとはまさにこのこと。一生に一度は気球に乗ってみたい人がいるなら出来る限り乗ることをおすすめしたい』と主人公も絶賛でした。

風にはなれなかったらしいけどね(笑)

利用したのは『SOLA BASE』

北関東の埼玉、栃木、茨城、群馬の県境に広がる渡良瀬エリアにあるSOLA BASE。

日本で唯一パイロットが運営しているそうで、対応はすべてオーナー兼パイロットの今村さんが行われているそうです。

≫SOLA BASE公式HPはコチラ

第7話ソロ活「ソロせんべろで自分の成長を知る」

立ち飲み屋さんののハイボールは格別の味(主人公談))

『1000円でべろべろに酔えるほどの価格帯』の大衆酒場せんべろ。システムは極めてソロ活に向いていると主人公の早乙女恵も評価。

ソロせんべろの楽しみ方

  • 当たりハズレ覚悟で毎回別のお店に行く
  • 入店直後にドリンクの注文を聞かれるので、あらかじめ決めておく(まごまごしていると変な空気が流れる)
  • おつまみは、定番を1品、その店のイチオシを一品
  • デジタルデトックスをする(スマホの電源を切る)
  • お酒とおつまみに向き合いただ純粋に楽しむ
  • 長居は無用。さっと飲んでさっと帰る

1軒目の店主の「ここで酒を飲んでる時はみんなただの酒飲み。酒の前では皆平等」という言葉がとても印象的でした。

ソロせんべろに利用したお店

2軒目に立ち寄ったのが、立ち飲み居酒屋『ドラム缶蒲田店』

京急蒲田駅商店街にある立ち飲み屋ドラム缶蒲田店。テーブルがドラム缶、チューハイは150円から、つまみは100円からと酒飲みの財布に優しいセンベロ店。

常連客も多いが1人でふらっと立ち寄っても違和感なく楽しめるそうです。

≫公式Twitterはコチラ

まず1軒目に入ったのが『最後の楽園蒲田 レバーランド』

鮮度抜群のレバー料理が揃っている。勇気を出してそれをくくり一杯飲めば人情味あふれる楽園が待ってます。

≫公式Facebookはコチラ

第8話「遊園地で好き嫌いを知る」

ソロ活遊園地

主人公の早乙女恵が第8話でソロ活を楽しんだのが、遊園地。ただ遊園地をゆっくり楽しむわけではありません、『絶叫系縛りの日』としてひたすら絶叫系マシーンに乗る日です。

ソロ遊園地の楽しみ方

  • ひたすら絶叫系に乗り「好き」なのか「嫌い」なのかを味わう
  • 周りを気にすることない、思いきり叫んで楽しむ
  • 乗っている時は目をつむらない(目をつむると余計な恐怖心がうまれる)
  • 周りの景色も楽しむ
  • 考えすぎずに頭を空っぽにする

主人公は何度も乗るうちに徐々に気持ちが変わっていき、最終的に「自分は絶叫系マシーンが大好き」ということに気づきました。

ちなみに絶叫系マシーンに乗る時は次の3つが大事らしいです。

  • 足はちゃんとつける
  • 体の力を抜く
  • 力を入れるのはレバーを握る手だけ

ソロ遊園地を楽しんだのは富士急ハイランド

ソロ活を楽しんだのは、絶叫系マシンが揃っている富士急ハイランドです。

江口のりこさん、相当の数乗ってましたよ。大変だったろうに(笑)

≫公式ページはコチラ

第9話「ソロ寿司は自由の象徴である」

ソロ活で行ったお寿司のウニ

第九話で主人公がソロ活を楽しんだのは、カウンターのあるお寿司屋さんでした。

ソロ寿司の楽しみ方

  • 自分の好きなように注文をする
  • あえてアルコールは頼まない

主人公の早乙女恵は、ここでカウンターのあるお寿司屋さんで大好きなウニを10貫食べるという長年の夢を達成します。一人で来れば周りを気にしないで食べられます。

『自分で稼いだお金で好きなものを好きなだけ食べて何が悪い』高岡早紀さん演じるソロ活の先の名言です。

そして、お寿司を食べ終わった後にボウリングへ向かいました。

ソロボウリングの楽しみ方

ソロ活のボウリング
  • ガーターでも気にしない
  • ストライクやスペアが出た時は素直に喜ぶ
  • 童心にかえって楽しむ
  • 他に楽しんでいる人をそっと応援する

過去にもソロボウリングにチャレンジした主人公でしたが、その時は他人の目が気になり失敗。でも、今は『自分が他人を意識しないようになると他人も自分意識しなくなる』ということに気づき、今回は無事ソロボウリングを成功させました。

ソロ寿司を楽しんだのはすし処福さき

路地裏の名店。アットホームな雰囲気でリーズナブルな寿司を味わえると人気。ドラマ同様気さくな大将と女将さんとの会話を楽しみに訪れるお客さんも多いそうです。

平日のランチもオススメ。

≫すし処福さきの食べログはコチラ

ソロボウリングを楽しんだのはIMON 蒲田イモンボール

プロアマ問わず大会が行われ、古き良きボーリング場の佇まいを感じさせます。

≫IMON 蒲田イモンボール

第10話「ソロ暗闇サイクルはソロ活のためにあり」

ソロ暗闇サイクルはソロ活のためにあり

前回の9話でスポーツの楽しみに気づきはじめた主人公。10話では『ずっと気になってたが後回しにしていたシリーズ』と題し、まずは暗闇サイクルを楽しみました。

暗闇サイクルとはニューヨーク発ハリウッド育ちのエクササイズです。

ソロ暗闇サイクルの楽しみ方

  • 暗闇は集中力が高まり、他人も気にならないので、己の筋肉に向き合うことができる
  • 思いきり汗をかく
  • インストラクターの「Are you ready?」の呼びかけにノリノリで答える

暗闇に大音量、余計なものが見えないから集中できるそうです。主人公は人生初と言えるほどの大量の汗をかく体験をしました。

ソロ暗闇サイクルを楽しんだのはFEELCYCLE

暗闇の中、大音量の音楽でエクササイズに集中することができます。ノリノリインストラクター陣も人気。

トライアルレッスンはホームページから事前予約することができます。

≫フィールサイクルHPはコチラ

第10話2回戦「ソロボルダリングで仲間を知る」

ソロボルダリングで仲間を知る

スポーツを楽しむ日、ということで暗闇サイクルに続いて、ボルダリングへ向かった主人公。

1人で来ている人が多いようで、ソロ活としてはハードルが低い方の様子。

ソロボルダリングの楽しみ方

  • 登りきる達成感を楽しむ
  • 一人で来ている他人同士が応援し合う
  • 何の得もなく自分に関わりのない人を応援する

ボルダリングは登る前によく観察して手と足をどう持っていくかイメージするのが大事だそうです。

主人公は1人でいたからこそ声をかけてもらいスポーツの楽しさを知ることができました。そんな素敵なことができるのがスポーツの楽しみの1つのようです。

ソロボルダリングを楽しんだのは壁家

24時間営業。初心者から上級者までチャレンジできる多彩なルートがあり、子供から大人まで時を忘れて体を動かすことができる施設です。

≫ボルダリングジム壁家KABEYA

随時更新していきます。

タイトルとURLをコピーしました